小ロットでのオリジナル化粧品のoemは難しい?

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナル化粧品の作成というと難しそうなイメージがあるかもしれません。
しかし、oemなら業者によっては薬事申請も依頼することができます。専門的な知識が必要になるため、不慣れな方には難しい薬事申請ですが、プロに任せれば安心です。
開発から生産までを一貫して委託できるoemでは、開発にかかる期間の把握や在庫の管理が難しいということが難点となっています。そのため完成した製品が必要な日までに準備できないということや、注文が多く殺到した場合に必要な在庫数が用意できない、もしくは在庫が把握していたよりも多くあり、無駄な在庫を抱えてしまうことになるといったトラブルが発生する可能性もあります。
しかし、不安に思うことはありません。プロのコンサルタントが在籍している企業であれば、そのようなトラブルが起こらないように管理まで行ってもらうことができます。
また、商品のラベルなどのデザイン面においても、不安があれば、デザイナーが在籍している企業を選ぶことをおすすめします。
他社の製品をデザインした実績をもつ企業であれば、消費者が購入したくなるような商品デザインについてもアドバイスを受けることができるでしょう。

過去の開発事例をみて業者をえらぶ

オリジナルのコスメ製品を作成することは知識が少ない場合は難しいことが多くあります。ですから、もしノウハウをもっていなくても独自のコスメブランドを立ち上げたいという思いがあるのなら、多くの経験を持っている専門業者のサポートを受けるとよいでしょう。長年化粧品をつっくってきた業者であれば、開発だけでなく販売においてもさまざまなノウハウをもっています。
今までにない新しいコンセプトのコスメ製品をつくりたいということであってもそういった経験は欠かすことができません。市場について深い知識をもってるからこそ、これからの消費者が望む成分やデザインを提案してもらうことができます。業者によっては、これまで開発してきた製品をサイトなどで公開しているところもありますのでチェックしてみるとよいでしょう。人気の商品の開発や生産に携わっている業者を選ぶことができれば、信頼性が高く、消費者のニーズも高い商品を自社ブランドとして販売することができるでしょう。

コスメ製品のoemにかかる費用はどれぐらい?

コスメ製品の委託生産を行う上で、きになってくるのは、費用がどれだけかかるのかということです。
特に起業したての会社や、個人で製品を作る場合いくらでも予算が用意できるというわけではないでしょう。
そういった場合には小ロットでの作成をおすすめします。ロットとは製造単位のことです。予算があまり準備できない場合には小ロットでの制作となりますので、まず最低ロットの確認が必要です。サイトを確認したり業者に問い合わせれば、最低ロットは確認することができます。
OEM供給で化粧品を作る場合には、サンプルを作成してもらうことができますが、そのサンプルにかかる費用は多くの場合ロット数に含まれます。そのためロット数が多いほどかかるコストは少なくなります。
しかし、必要以上の量を生産してしまうと、商品が売れ残ってしまう場合もあります。特にコスメ製品は使用期限があるものも存在していますので注意しておきましょう。