oemなら小ロットも可!オリジナル化粧品をつくるなら

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、オリジナルの化粧品を作ることを検討しているという方に、小ロットから注文することができる「oem」という方法をご紹介します。
難しいと思われてしまいがちな方法ですが、そのメリットをしれば、あなたが叶えたいオリジナルブランドの立ち上げや、ノベルティの配布などを実現することが可能になりますので、ぜひ参考にしてみてください。
「他とは違った独自の化粧品をつくってみたい」と考えていらっしゃる方もいらっしゃるかとおもいます。中には、生産にかけることができる費用をそれほど多く持ち合わせていない、ノベルティとして使いたいからそんなに大量につくる必要がないという方もいらっしゃるでしょう。そんな悩みを解決してくれるのがOEMという手法です。こちらではどういったシステムなのか、利用することによるメリットなどを詳しくご紹介していきます。

oemとは何か?

そもそもoemとは、「Original Equipment Manufacturing」の頭文字をとったものです。これは、日本語に訳すと「相手先商標製造会社」となります。分かりやすく説明すると、製品の生産を外注して作られた商品、もしくはそのような仕事を行っている企業のことです。生産は外注先の企業が行うこととなります。しかし、どういった製品をつくるのかということは依頼主が決定することができます。また、生産された商品のあらゆる権利、管理権や所有権などは依頼主のものになります。OEMでは、生産だけでなく製品の開発も依頼することが可能です。つまり、技術開発費などの資金は少なくとも、自社のブランドを立てて市場に参入できるようになるのです。企業によっては小ロットでの生産を行っているところもあります。
ブランド力や販売力があっても、開発費や生産にかかるコストをかけることができないという企業にはうってつけの方法と言えるでしょう。

受注側もメリットを受けることができる

この方法では受注する側、つまり、化粧品の生産・開発の依頼をうけて、実際に製品を作る企業にとっても大きなメリットがあります。先ほども述べたように製品の管理権、所有権などは依頼主のものとなりますが、受注した企業は開発した製品の商品名やデザイン面を変更し、自社製品として販売したり、他社ブランドに売ることができます。これにより、受注側も売上を得ることができます。さらに製品を量産することによって開発や生産にかかるコストを減少させることができるのです。

アウトバスエッセンスやワックス、カラートリートメントなど様々な実績があります。 化粧水や美容液の他に香水やネイル用剤まで幅広く対応しております。 シャンプーとトリートメントをお客様に合った、ご相談・ご希望が行えます。 新商品の開発を考えているなら、一度ご相談した上で企画を進めていくことができます。シャンプーの発注は50L、?100,000~のご注文となっています。 オリジナル化粧品をoemで~小ロットをお考えの方に